今朝の所長の一言 191106 となりのロボ(1)

今朝の日経より
1 「スカイボットF-850」はこんなことができる
 ① 自動車の運転
 ② 宇宙での作業補助
 ③ カギを使ってドアを開ける
 ④ 言葉を認識して応答する
 ⑤ 両手に拳銃を持って的に射撃
2 「スパイボットF-850」とは?
 ① 2014年にロシアの軍事研究機関などが災害時の救援用として開発を始めた。 
 ② 通称はフョードル
 ③ 開発費は約3億ルーブル(5億円)
3 OriHime(オリヒメ)
 ① 東京に期間限定でオープンした「分身ロボットカフェ」
 ② 卓上の小さなロボットOriHime(オリヒメ)も話しかけて飲み物を注文すると、女性の声で応対
 ③ 背丈120センチほどのロボットOriHime-D(オリヒメディー)が飲み物を運んでくる。
 ④ 接客はロボットだが、話をしているのは遠隔地にいる「人」。
 ⑤ 働きたくても身体が動かないため外出できない人の活動機会の提供を目指す「オリィ研究所」の取り組み
4 ロボットによるビル建設
 ① 資材を置場から作業場所まで搬送するロボット
 ② 柱を自動で溶接するロボット
 ③ 天井ボードなどを取り付けるロボット
 ④ 清水建設はビル建設(30階建て)で6000人の省力化が可能と。
 ⑤ 総務省によると、建設業就労者において55歳以上の割合が約34%であるのに対し、29歳以下が11%。2025年までに建設技能労働者が128万人程度減少すると試算
 ⑥ 生産技術本部長は、最終的にロボット8割、人2割まで自動化が進むと予想
0 SFに出てくるようなロボットが現実的に。両手に拳銃なんて軍事地用目的じゃないかなと思ってしまいます。
 科学と軍事は裏表だとは思いますが、建設的なロボットはドンドン発展していってほしいものです。。。

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら