今朝の所長の一言 180220 フリーランスに最低報酬。

今朝の日経より
政府は企業に属さない技術者やデザイナーなどいわゆる「フリーランス」を労働法の対象として保護する検討に入った。
1 現状
 フリーランスは労働者ではないので労働法の保護なし
2 労働法(労働者の場合)
 ① 労働時間
   1日8時間の法定労働時間(超過は残業代)
 ② 収入の最低保証
   最低賃金(全国平均時給848円)
 ③ 健康の管理
   企業に年1回の定期健康診断の義務
3 検討内容
  仕事を発注する企業側との契約内容を明確にし、報酬に関しては業務ごとに最低額を設ける方向。
 今回の検討は下手するとフリーランスの長所をそいでしまう可能性もあるきがします。
 労働時間に制限儲けられると突貫的な仕事を発注しにくいですし。。。
 労働者のような条件になるなら労働者でよいですしね。

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら