今朝の所長の一言 180309 ペットの終活も人並みに。飼い主高齢化で行く末が心配。

1 日本のペットの飼育頭数は1,844万6,000頭(17年ペットフード協会)
→人間の子供(15歳未満)の数(1,571万人=17年4月現在)を大きく上回る。
2 東京にある「フランセス・メモルアルTOKYO」は、以前は結婚式場だったが、3年前からペット専用の葬儀場に。
 年間140から150回の葬儀が開催されている。
 人間の葬儀とほとんど変わらない。値段は、
 小型犬で10万4,800円、中型犬で11万4,800円。
3 増える「ペットと一緒に入れるお墓」
 メモリアルアートの「大野屋」ではペットと一緒に入る「ウィズペット」と名付けたお墓を始め、国内5ヶ所に展開。
4 飼育できなくなったら・・・
 有償で猫を引き取り、再譲渡するサービスがあり、健康に問題がなく譲渡の見込みが高い3歳以下なら27万3,600円、月3,800円で6年間といった積立も可能で、その場合は満期後に猫を引き取る。
5 飼い主向けの保険や信託なども広がる。

少子高齢化、ペット社会・・・ビジネスの種はどこにでも転がっていますね「人」にしていたサービスを「ペット」に置き換えるだけで新ビジネスとなるのが興味深いです!

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら