今朝の所長の一言 180620 住まいや生活資金 配偶者保護手厚く。相続の民法改正案が衆院可決

今朝の日経より
1 約40年ぶりに民法の相続分野の規定を見直し
2 配偶者に手厚く
 ① 残された配偶者が今の家の所有権を持たずに住み続けられる権利 
 ② 遺産分割とは別に住居の贈与を受ける制度
 ③ 長男の嫁など義父母などを介護していた場合、相続人に金銭を請求出来るように制度を設ける。
3 家の所有権
 ① 現行制度でも住居の所有権を得れば住み続けられるが、預貯金などの取り分が少なくなり、生活資金の困窮する可能性があった
 ② 新設する「配偶者居住権」は売却の権利がなく、評価額も所有権より低くなる
4 課題も・・・
 法律婚の夫婦に限定された。
 「多様に変化する家族のあり方を尊重し、保護のあり方を検討する」と明記もあり。
0 世の中のありとあらゆるものの流れが早くなるなか、40年ぶりというのは時代を追いついていくには遅すぎますね。
 時代は1年、いや半年もたてば激変している時代なので。。。

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら