今朝の所長の一言 181015 法人の資産隠し調査、国税庁(海外口座、40万件情報入手)

今朝の日経より
1 OECDが策定した「新制度」を使い、国税庁が約50カ国・地域の金融機関にある日本人の口座情報約40万件を入手したことがわかった。
2 「新制度」とは
 ① CRS(Common Reporting Standard=共通報告基準)と呼ばれる仕組み。
 ② 各国の税務当局は自国の金融機関に外国に住む顧客(非居住者)の口座情報を報告させ、年1回、参加国間で情報交換する。
 ③ 顧客の氏名、住所、口座残高、利子・配当の年間受取総額などが対象。
3 国外財産長所と照合
 日本では国外に5千万円超の財産を持つ場合、財産内容を記す「国外財産調書」の提出が義務付けられている。16年分の調書は約9千件にとどまっており、国税庁はCRSの情報と照合するなどして海外の「隠し資産」の発見に取り組む。
0 便利になるということは望まないものまで便利になるということ。。。
 富裕層の皆様や海外投資で一山あてた(あてたい)方はご注意ください(^^)

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら