今朝の所長の一言 181028 免税事業者に課税、軽減税率、財源1兆円確保へ財務省案。

昨日の日経より
1 軽減税率による消費税減収分は1兆円。
2 0.7兆円減収対策。
 ① 0.4兆円→低所得者の医療や介護の負担を軽くする「総合合算制度」の見送り。
 ② 0.3兆円→たばこ増税と給与所得控除の縮小。
3 0.3兆円対策。
 ① 0.2兆円→消費税の免税事業者への課税。(売上高が1千万円以下で消費税をのうぜいしていない事業者が納税するように)
 ② 0.1兆円→社会保障の効率化や給付の見直しで捻出した財源を活用。
0 われわれ中小企業のインパクトとしては、1000万以下で消費税の申告・納付をしなかった「免税事業者」への課税でしょうか。いままで益税と呼ばれていたこの制度にとうとうメスが入る形に。
 あわせて給与所得控除枠の縮小も中小企業には影響大ですね。今まで会社の利益を社長や親族含め給料という形で支給することにより各人の給与所得控除を活用できていた効果が少し薄れてしまいます。
 税理士が頭を悩ませ、新提案をできるかどうかですね(^^)

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら