今朝の所長の一言 181119 太陽光の買い取り終了を新たな商機に。

今朝の日経より
1 住宅用の太陽光発電設備でつくった電気の買い取りを電力会社にぐむ付ける制度が2019年11月から順次、10年の買い取り期間を終える。
2 対象設備は、19年11-12月で約53万件。23年までに165万件に及ぶ。
3 電力会社による買い取り期間が終了しても、太陽光発電パネルは10年以上使える。
4 発電設備を保有する消費者には買い取り終了後に2つの選択肢がある。
 ① 別の売り先を見つける。23年までに買い取り終了する発電能力は合計670万キロワットと、原子力発電所6-7基分。
 ② 自宅で使う方法。天候や時間で発電量が変わるのが弱点。蓄電池と組み合わせれば安定的な利用が可能だが蓄電池は割高。
0 太陽光をしている方々は期限切れ後の扱いについてそろそろ考え始めないといけないですね。

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら