今朝の所長の一言 190109 平成29年度 査察の概要(H30.6.314発表)

国税庁より
1 年度・税目別の告発件数(件)
     相続税 所得税 法人税 消費税 源泉 全体
H25年度  6    18   64  14   15 118
H26年度  2    18   69  13   10 112
H27年度  5    25   69  12   4 115
H28年度  2    27   79  23   1 132
H29年度  3    19   61  27   3 113

2 年度・項目別の脱税額(百万円)
     相続税 所得税 法人税 消費税 源泉 全体
H25年度 1923  2027  5354  911  1516 11731
H26年度 487   1829  7534  1130 1366 12346
H27年度 1090  3092  5687  1049 286 11204
H28年度 482  2282  6503  3379  46 12692 
H29年度 387  1950  5645  1768  251 10001
H25年度以降は100億~120億円台で推移。

3 年度・項目別告発1件あたりの脱税額(百万円)
     相続税 所得税 法人税 消費税 源泉 全体
H25年度  321  113   84  57   108 99
H26年度  244  102   109  87  137 110
H27年度  218  124   82  87   72  97
H28年度  241  85    82  147  46  96
H29年度  129  103   93   65  84  89
脱税額全体では1件あたり8900万円と減少傾向。
相続税は1億2900万円で、直近5年間では最も低い額に。
→相続税の査察については、告発件数は少ないものの、1件あたりの脱税額が大きいという特徴がある。

0 査察(マルサの女、、、懐かしい)のデータが公表されていたので見てみましたが一般の納税者さんにとっては関係のないお話ですね。 
 税務調査を査察(マルサ)と勘違いされてびっくりされる方もいますが、通常の税務調査は事前に連絡もありますし、顧問税理士がいれば、調査の連絡や当日の調査、その後の税務署とのやりとりも顧問の税理士先生がやってくれます。
 めちゃくちゃなことさえしていなければ恐れるに足らず。していなければ・・・(^^)

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら