今朝の所長の一言 190311 残業時間抑制へ新規雇用。中小に最大600万円。厚労省

今朝の日経より
1 残業時間を抑える目的で中小企業が新規に従業員を雇った場合、最大600万円を支給する制度を4月から導入。
2 1人あたり60万円で、1企業につき10人分が上限。
3 雇用保険法の施行規則を改正し、人材確保のための助成金制度で「働き方改革支援コース」を新設。
4 対象
 残業時間に上限彫っていや終業から翌日の始業まで一定の休息時間を取る勤務間インターバルなどを導入した中小企業。パートなど短時間労働者を雇い入れた場合の助成金は1人40万円とする。
5 4月の働き方改革法の施行により、残業時間は年720時間以内までしか認められなくなる。
 中小企業は1年後の20年4月から適用。
0 残業の必要性がなかなか認められない時代。どうこういってもしょうがないので時代の流れに「上手に」乗っていくしかないですね。助成金をお考えの方はぜひ顧問の社労士先生にご相談してくださいね(^^)

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら