190412 E = mc2。お客様へエネルギーの法則のように伝えられるようになれたら。

1 E = mc2(イーイコールエムシー2じょう)
 アインシュタインが発表した「質量とエネルギーの等価性」という算式
2 なにそれ?(ウィキペディアより)
 質量の消失はエネルギーの発生を、エネルギーの消失は質量の発生を意味する。
 したがってエネルギーを転換すれば無から質量が生まれる。
0 エネルギーの法則の算式はネットで見ると長文の暗号文のような計算式で説明されていて、その答えが「E = mc2」。
 世の中のエネルギーと質量という訳がわかならいようなものどおしのつながりを解明し、かつ、こんなシンプルな算式で表現したアインシュタインさんはやっぱり大天才。
 たとえが突拍子しすぎて皆さんに伝わらないですが、会計や税に関連することを「シンプルに」「わかりやすく」伝えられたらとこの算式の記事をみて強く思いました。
 「この記事自体がシンプルでなく、わかりにくいやん!」というツッコミはお受けしておりませんのであしからず(^^)

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら