今朝の所長の一言 190827 年金、68歳まで働く必要。制度改革急務。

今朝の日経より
1 公的年金制度の財政検証結果を公表(厚生労働省より)
 ① 経済成長率が最も高い市有尾でも将来の給付水準(所得代替率)は16%下がる
 ② 成長率の横ばいが続くケースでは3割弱も低下
 ③ 60歳まで働いて65歳で年金を受給する今の高齢者と同水準の年金を現在20歳の人がもらうまでは68歳まで働く必要あり
2 将来の給付水準
 ① 2019年度の所得代替率(給付水準)=61.7%
  所得代替率=夫婦得体の年金額/現役世代の平均手取り
 ② 将来の所得代替率
  経済成長率  所得代替率
  0.9%   →  51.9%
  0.6%   →  51.6%
  0.4%   →  50.8%
  0.2%   →  46.5%
  ゼロ   →   44.5%
  マイナス →   36-38%
 ③ 今の65歳と同水準の年金をもらうにはいつまで働く?
  現在  何歳まで?
  20歳  68歳9か月
  30歳  68歳か月
  40歳  67歳2か月
  50歳  66歳
0 70歳近くまで(できればそれ以降も)働くのは大賛成です。70歳で退職して20年前後、何をして過ごすのでしょうか?
 朝から晩まで自由時間よりも半分くらいはやらなければいけないことがあったほうがメリハリがついて元気に過ごせるのかなと。。。
 この記事は決して大げさなことではなく、これでも楽観論な気がします。 
 ご自身のことはご自身で備えていかなければいけない。
 それが、経済成長のピークを迎えた国に住むものの宿命ですね(^^)

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら