今朝の所長の一言 190902 金投資、小口積立から

今朝の日経より
1 40年ぶりの高値
 ① 1トロイオンス(約31グラム)1500ドル超と6年4か月振りの高値
 ② 田中貴金属が28日公表した販売価格は1グラム5682円(税込み)と1980年1月以来40振りの高値
2 要因
 ① 米中貿易摩擦などから世界的に株式相場が調整になった受け皿
 ② 各国の中央銀行が外貨準備の一部をドルから金へシフト
 ③ 国際的な政治・経済情勢が不透明な時期に注目されやすい
3 無難な投資法→積立
 ① 定額の積立だと、安いときに多くの量、高いときに少ない量を買うことで平均単価を抑制(ドルコスト平均法)
 ② 仮に2000年から毎月1万円づつを積み立てていたとすると現在の資産額は(約491万円)、投資元本(約223万円)の2.2倍に
4 投資商品の特徴と注意点
 ① コツコツ派→純金積立(貴金属会社、ネット証券)
  ・月1000-3000円の少額から
  ・引き出しは現金または現物で
  ・手数料が購入時1.5-3%など高め
  ・現物引き出しができない会社も
 ② 低コストで売買したいなら→ETF(証券会社)
  ・東証に複数上場、株のように売買
  ・最低購入額は5000-4万円前後
  ・現物へ交換できない銘柄が多い
  ・現物の裏付けがない銘柄も
5 独自の値動きもしやすい金は欧米の年金基金も注目する資産。金融資産の5-10%を上限に分散先の一つとして。
0 私も超少額ながら2008年あたりから積立をしています。
 良かった!というわけでもなく、最悪や!というわけでもないですが、「分散投資」をしていることが大事なのかなと。
 長い人生、何度負けてもいいですが、ゲームオーバーにならないのが一番大事かと。

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら