今朝の所長の一言 191202 固定資産税、過払い頻発。

今朝の日経より
1 払い戻し額70億円
 東京23区と全国の政令市で2018年度の払い戻しは少なくとも14万件で合計70億円を超えた
2 固定資産税とは
 ① 建物や土地の評価額の1.4%を納める地方税
 ② 地方税全体の22.5%を締める。
 ③ 景気による税収の言動が少ない
 ④ 評価額の計算はh区雑、かつ、特例的な減税措置も多く、ミスが起きやすい
3 固定資産税を巡る課税ミスの内訳
   内容          家屋  土地
 ① 家屋滅失の未反映   30.3% 0%
 ② 新増築家屋の未反映  28.2% 0%
 ③ 不正確な評価額    15.8% 30.3%
 ④ 納税義務者の取り違え 10.5% 11.5%
 ⑤ 面積の間違い     3.9%  3.2%
 ⑥ 課税・非課税の誤判定 3.7%  9.1%
 ⑦ 負担軽減の適用ミス  3.3%  26.0%
 ⑧ 土地の種類の認定誤り 0%   13.4%
 ⑨ その他        4.2%  6.5%
0 面積ミスもそうですが、納税義務者の取り違えがミスの1割。。。
 私の経験でも納税義務者の取り違えもありましたし、面積ミスも珍しいことではありませんでした。
 田・畑(固定資産税安い)はずなのに、宅地並(固定資産税高い)で評価されていたなんてことも。
みなさんも一度、ご自身に来ている明細をチェックされてみてはいかがでしょうか?

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら