今朝の所長の一言 191219 20万円で社員1人分。りそなHD「帳票ロボ」の実力

日経より
1 りそなHDは2019.6から小型ロボットと定型業務を自動化するRPAなどを組み合わせた新システムを導入
2 各種帳票にまつわる入出力作業の省人化に取り組んでいる。
3 東京都や大阪府などの施設内で50セットほどが本格稼働
4 人手に代わって働くようになったのは、中国・深圳市越疆科技(シンセン・ユージェン・テクノロジー)製のロボットアーム「DOBOT Magician(ドボット・マジシャン)」
 価格は約15万円
5 1セットのハード費用はロボットを含め約20万円。
 1セットに1人分の仕事を任せているため、約1ヶ月で投資を回収できた。
6 りそなHDは22年3月までにRPAなどを使って年100万時間分の作業量削減を目標に掲げる。
0 今回、驚いたのは、りそなHDが採用しているRPAロボットが15万円で手に入り、諸費用含め20万円で活用できていること。
 画像認識なども日本IBMのワトソンを使っているということですし、昔のように数百万や数千万の世界ではなく、中小企業でも手に届く投資の範囲ですごいことがでるんだという衝撃。勉強になりました。

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら