今朝の所長の一言 200209 国外財産調書の令和元年分の総提出件数は約1万件

国税庁HPより
1 国外財産調書とは
 ① その年の12/31におきてその価額の合計額が5千万円を超える国外財産を有する居住者は翌年3/15までにその財産の種類や数量や価額その他必要な事項を記載した国外財産調書を提出
 ② 平成24年度税制改正で創設
2 国税局別
 ① 東京局  6771件
 ② 大阪局  1582件
 ③ 名古屋局 774件 
 ④ その他  1525件
3 総財産額
 ① 全体   4.255兆円
 ② 東京局  3.095兆円
 ③ 大阪局  0.601兆円
 ④ 名古屋局 0.219兆円
4 財産の種類別
 ① 有価証券    2.423兆円
 ② 預貯金     0.594兆円
 ③ 建物      0.451兆円
 ④ 貸付金     0.195兆円
 ⑤ 土地      0.153兆円
 ⑥ それ以外の財産 0.437兆円
0 財産を国外で投資する人や逃避させる人も増え、中小企業の社長様たちも手軽に投資している人もいるのではないでしょうか。
 預貯金や投資が少しうまくいくとすぐ5000万円は超えるので上記書類を提出する必要があるのですが・・・
 ばれないだろうと思っているそこのあなた!
 CRS制度によってほぼバレちゃいますよ。
 あの国は大丈夫だろうと思っているそこのあなた!
 CRS対象国は年々増えていっていますよ。
 適正に運用すれば増えていくのですから、そういったリスクはとらないようにしましょうね(^^)
by 冨田謙二税理士事務所 姫路 税理士 tomitax とみたっくす コロナに負けるな covid-19 節税 会社設立 相続

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら