今朝の所長の一言 200917 60歳定年、収入の空白が不安。(社会保険労務士)

今朝の日経より
1 2021.4.2以降に60歳以上となる男性は一律65歳から年金の支給開始
2 大半の企業は定年が60歳
  →60-64歳に収入の空白期間が生じる
3 60歳定年の多くの企業は65歳までの継続雇用制度を設けている。健康面などで問題なく60歳以降も働き続けれるなら深く心配する必要なし
4 不安でも年金を65歳より前に受け取る繰り上げ受給は金額が減るため避けましょう。
 反対の繰り下げも男性には勧めません。
 70歳まで5年間繰り下げた場合、損益分岐点は82歳
 女性の場合は選択肢に入れてもよい
5 65歳以降働くと年金が少なくなる?
 「在職老齢年金」で支給制限がかかる基準は月47万円
 計算の対象となる厚生年金は一般的に10万円から15万円程度→普通は制限を気にする必要なし
0 男性の場合、通常通り65歳から受給し、それまではできるだけ今の職場においてもらう。
 働ける間はずっと居てほしい!と言われる(思われる)ような社員になることが抜本的な解決策なんでしょうね(^^)

by 冨田謙二税理士事務所 姫路 税理士 tomitax とみたっくす コロナに負けるな covid-19 節税 会社設立 相続

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら