今朝の所長の一言 201208 研究開発の控除上限上げ・固定資産税、全土地を対象に

今朝の日経より
1 政府・与党の2021年度税制改正
2 研究開発への投資分を法人税から控除できる上限を45%から50%へと引き上げる方針を固めた。
3 研究開発税制
 ① 企業が研究開発にかけたお金の一部を法人税から差し引く制度
 ② 控除の上限は、現在、20年度末までの時限措置で最大45%まで認めている。
4 08年のリーマン・ショック後にも10%分上限を引き上げた経緯がある。
 研究開発税制の対象となった研究開発費は07年度まで6000億円前後で推移していたが、08年度に2881億円まで落ち込んでいた
5 自民党の税制改正会長は、2021年度税制改正に盛る固定資産税の負担軽減措置について、商業地や住宅地などすべての土地を対象とする方針を示した。
 10日の取りまとめを目指す税制改正大綱に織り込む。
0 研究開発もリーマンショック時を考えるとかなり落ち込むようですね。
 固定資産税については、都市部や観光地域などは朗報ですね。
by 冨田謙二税理士事務所 姫路 税理士 tomitax とみたっくす コロナに負けるな covid-19 節税 会社設立 相続

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら