今朝の所長の一言 210707 大手銀、税収納を電子化23年度に

今朝の日経より
1 銀行と自治体間の納付書類のやりとりを電子化
2 現在
 ① 自治体が自動車税や固定資産税などの納付書類を送る
 ② 納税する個人や法人は、下記の納付サービスで納付する。
  ・納付書を銀行に持ち込む
  ・コンビニで納付する
  ・Pay-easy(ペイジー)
 ③ 国税の7割、地方税の4割は銀行窓口で支払われている
 ④ 持ち込まれる納付書類はメガバンク1行で年間800万件
3 問題は生活者が窓口で支払ったあと
 ・納付書の現物を自治体に送付
 ・自治体ごとに納付書の書式が異なり機会化できず多大な労力
 ・税公金の納付業務にかかるコストは銀行全体で年間622億円程度にのぼると試算
4 三菱UFJ銀行は今年3月、店舗がない地域の194自治体の税公金の収納業務から撤退
5 総務省は23年度以降、地方税の納付書にQRコードを印字し、スマホで読み取るだけで納税できるように。
6 QRコード納付が普及すれば、年間600億円超のコストの大半を削減できるとみられる
0 電子化が官公庁や民間含め、この1.2年で大きな広がりをみせているので、ますます納税手続きが簡素化されると嬉しいですね(^^)
by 冨田謙二税理士事務所 姫路 税理士 tomitax とみたっくす コロナに負けるな covid-19 節税 会社設立 相続 確定申告

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら