今朝の所長の一言 210730 米、難路の緩和縮小、FRBが年内にも着手

今朝の日経より
1 米連邦準備理事会(FRB)は量的緩和の縮小(テーパリング)に年内にも着手する姿勢を表明
2 米金融政策をめぐる今後の主な予定
 8/6   7月雇用統計
 8/26-28 経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)
 9/3   8月雇用統計
 9/21-22 FOMC
 10/8  9月雇用統計
 11/2-3 FOMC
 11/5  10月雇用統計
 12/3  11月雇用統計
 12/14-15 FOMC
3 FRBのパウエル議長は28日のFOMC後
 「今後複数回の会合で経済の進展を評価する」と表明
4 テーパリングいつ?FOMC声明より
 「複数回の会合」で議論すると明記
 →次回9月の会合の決定ではなく、11月の次次回、12月の年内最後の会合での決定が視野に
5 米ゴールドマン・サックス
 経済回復がすでに「ピーク後」にあり、サービス分野の伸び悩み22年後半に1.5-2.0%へ大幅原則すると予測
6 過去では?
 「QE3」と呼ばれた12年秋からの量的緩和をやめる際には13年12月からテーパリングを始め、翌年10月にやっと完了
 その後、利上げに踏み切るまでにさらに14ヶ月かかった
0 テーパリングが始まると再度利上げまで約2年かかる可能性があるということ。
そのときに
米経済どうなってる?
日本経済どうなってる?
自身の業界どうなってる?
自社どうなってる?
自身の投資どうなってる?
というようなことをイメトレしておきましょうね(^^)
by 冨田謙二税理士事務所 姫路 税理士 tomitax とみたっくす コロナに負けるな covid-19 節税 会社設立 相続 確定申告

無料相談受付中

※初回のご相談は無料です

電話での無料相談予約受付:079-280-5129(平日・土日・祝日9:00~21:00)

ご相談・ご依頼受付

アクセス

姫路バイパス
(姫路南インター) 降りてすぐ

【交通】

JR 姫路駅から徒歩20分
市営バス停「三宅」より徒歩1分
山陽電鉄亀山駅より徒歩 11 分

アクセス詳細はこちら